葉酸の不足が問題で赤ちゃんが先天性障害

赤ちゃんが欲しいと思っている方は日頃から栄養のバランスを考えたいものですが、特に葉酸の不足が問題で、赤ちゃんが先天性障害を負う危険性が高まります。そもそも葉酸はビタミンB群であり、水に溶けやすいので体内に蓄積されにくい宿命を持つ栄養素でもあります。例えばモロヘイヤやほうれん草などの葉物、そしてレバーなどからも多く摂ることができますから、いろいろな食材から、毎日確実に葉酸を摂るようにしましょう。赤ちゃんとお母さんのために、葉酸は必要な栄養素だとあちこちで聞かれますが、実は、妊娠前から葉酸を摂れば、受精する確率と、受精卵が着床する確率も上がるのです。
無事に着床して、妊娠が成立するまでの間は細胞分裂が活発なので、ここでも大量の葉酸が必要になるわけです。
ということは、妊娠の成立にも葉酸は必要になりますし、赤ちゃんが順調に発育する過程でも出産まで必要になってくるものですから、妊娠を望んだときから、授乳終了までの間、葉酸の摂取を続けることがベストだと言えます。先天性奇形は、現在の日本ではどのくらいの確率で見られるかというと出生数全体の約4%とされています。奇形を引き起こす要因は高齢出産などいろいろありますが、そのリスクを低くできる栄養素が葉酸だということが知られるようになってきました。
特に、胎児の細胞分裂が最も盛んな妊娠初期の葉酸摂取はとても大事であり、妊娠している女性には、葉酸が最も強化しなければならないビタミンだと言っても間違いはないのです。
ビタミンとしての葉酸は、食事から摂取するだけでなく、錠剤やサプリメントを活用してしっかり量を確保すると良いでしょう。また、妊娠中から授乳が終わるまでの女性など多くの葉酸摂取を求められていても日々の献立の中で、葉酸が上手く摂れない場合や、悪性貧血の改善を目指して、大量の鉄分補給と並行して集中的に注射で投与することも考えられます。女性にとって、妊娠初期にしっかり摂って欲しい栄養素が葉酸です。脳をはじめとした神経系が形成されるのは主に妊娠初期ですが、ここで葉酸が順調な発育を促す働きをするためです。
どんな食材が、葉酸を豊富に含んでいるのか調べるのが大変、わかっていても毎日たくさん食べるのは難しいと頭を抱える方、葉酸を強化した食品や栄養補助食品からも、効率よく摂取できます。
赤ちゃんだけでなく、お母さんの身体のためにも、妊娠初期から積極的に葉酸を摂っていきましょう。
葉酸が妊娠初期に不足した場合、胎児の発育が阻害される心配があるのです。
ことに神経管閉鎖障害という異常を起こしてしまうことがあり、重い障害の例では無脳症となって、流産や死産に至ります。
障害を起こすリスクは少しでも下げることが望ましいので葉酸は妊娠初期こそ意識して摂ることが望ましいのです。
食材から葉酸を多く摂ろうとすると、可食部あたりの含有量で言えば、レバーや枝豆が豊富ですが、身体に良い効果がある葉酸をたくさん摂りたいという理由だけで、特定の食材だけ毎日食べていくというのもとうてい現実的ではありません。
葉酸を比較的簡単に摂れる方法としては以前ブームになったスムージーがあります。
ごく普通のスムージーの作り方で、ミキサーを使い、葉酸が多い野菜の他に飲みやすくするための果物、水分を入れれば手軽に飲める葉酸強化スムージーができます。葉酸は妊婦に欠かせないビタミンだという説は広く知られるようになりました。
子供が健康に育つために必要なのはもちろん、母体の貧血や妊娠中毒症を防ぐためにも摂取したい栄養素として、葉酸の重要性が高まっています。どの時期に、葉酸が最も必要になるか聞かれるとなかなかわからないものです。妊娠直後が、葉酸を最も必要とする時期です。その一方で、授乳中も多くの葉酸を必要とするので、授乳が終わるまで多めに摂り続けて欲しいのです。
葉酸は妊婦が積極的に摂るべき栄養素だと広く知られていますが、錠剤やサプリメントで過剰摂取すると、全身にわたる副作用が起きることもあります。
主な症状は、食欲不振、吐き気、じんましん、発熱などで様々な副作用があって場合によっては胎児に悪影響が及ぶこともあります。赤ちゃんと自分のためだと言っても摂りすぎの害も深刻なのでそれぞれの薬や栄養補助食品に示された摂取量を大幅に超えないようにしましょう。そろそろ赤ちゃんを、というとき注目される栄養素の一つが葉酸です。ビタミンMと呼ばれることもある葉酸は、大分類ではビタミンB群の一つです。赤血球を作るのに役立つだけでなく、細胞分裂を盛んにするためにも陰の力となるビタミンなので、妊娠のためのビタミンと言われているのです。
加えて、葉酸は子宮内膜を厚くするために必要で、これが受精卵を守り、育てていくので妊娠する確率が高くなります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です